福住造園 株式会社

札幌市豊平区福住1条6丁目10-12

Home > つぶやき

つぶやき

札幌の造園屋が語ります。

造園屋、植木屋として、気になっていた事やお客様に伝えたい事など、時間があれば書いていこうと言うページです。中身については、かなりの憶測・想像も入りますので、全てを信じて読み進むと痛い目に遭うかも知れません。なので質問や、まして抗議などは一切受け付けておりません。

スマホで読むには、根性が必要です。

造園屋が使う気勢とは・・・気勢の代用語がない

偉そうに「気勢」なんて、語っていいのだろうか。
まず「気勢」をどうしたいのだろう。気勢を見たいのか、気勢を読みたいのか、気勢を計りたいのか、なんとも表現しづらい。それは、目に映らず見えないものである。であれば、気勢を見る、読む、計る、そのためには感じるしかないのか。そして、感じとるものであれば個々の感性と言う事になるのか。感性であれば個人個人か違う解釈で当たり前で、違うから感性と言うのか。なので「気勢」は、数値化が出来ない・・・続きを読む・・・

木の植え方・・・簡単に植えられます

できれば、ご自分で木を植えて頂きたいです。
「木を植えるのは、商売人に頼まなきゃ」、「素人が木を植えても大丈夫?」
と考えている方が以外と多いですね。 でも、そんなに難しい事ではありません。人の手で運べないような大きな木は、確かに難しいので植木屋に頼むことになるでしょけど。そうでなければ以外と簡単なんです。そして、自分で木を植えることで、その木に対する愛着が増すでしょうし、ご自宅の庭の土の状態が・・・続きを読む・・・

根腐れとは・・・「根腐れ」で木が枯れる

木が枯れる、それって根腐れじゃないの?。植木の「根腐れ」は、札幌近郊でも地域によって大きな差があるんですね。
植物を扱う造園屋にとって「根腐れ」と言う言葉はよく使われます。お客様からも「木が枯れてきている、根腐れかしら」と言われ、私も「ああ、この木は根腐れをしていますね」なんて感じです。更に「根腐れ病」と言う言葉もあります。この「根腐れ」と「根腐れ病」は、別けて考えた方が良いようです。で、今回はこの「根腐れ」を植木屋の視点でお話ししたいと思います。植木屋ですから、一般的な植木の根の話です。例えばツツジや松やモミジ、なんかのことです。草花や野菜などは「水耕栽培」なるものがありまして、話がややこしく・・・続きを読む・・・

根腐れの現状と対処法・・・はたして良い対処法は

昨今のお庭の現状はどうでしょう。当社で植木を植えにいくお宅で「根腐れの心配が無い」と言えるのは3割位のお宅でしょうか。そして、5割のお宅は「根腐れ予定地」で、2割のお宅が「根腐れ地帯」である。この7割のお宅を何とかしないと植木が枯れるのである。さて、地域によって土質は様々であり、根腐れの視点から見ると2タイプである。砂地や火山灰地などの水捌け良好な土質と泥炭や粘土地などの水捌け不良な土質である。当然、水捌けが良いに決まっているが、そんな地域でも宅造や建築中に重機などで・・・続きを読む・・・

庭なのに土じゃないの?・・・愚痴です

昨今の庭事情。「庭って、普通は土がありますよねー」と言う私の常識が間違っているんでしょうか?。庭木流通センターでは、お持ち帰り出来ないような大きな木を買って頂いたお客様には、植木の配達と植込みをしている。そして、その植込みに関して実に大きな問題がある。 それは、木を植える予定の場所に土が無いことである。土が無いと・・・続きを読む・・・

植木屋風の樹木の生理学・・・長いです

植木も生き物ですから、植木と会話する時に最低限知っていてほしいなと思いまして。「生理学」と言っても、学者じゃないので、ごく簡単にです。これから始めるお話は、全て、草ではなく樹木についてです。では、樹木の定義って何でしょう?。 植物は大きく分類すると草と木に分けられます。樹木(木)と草の違いを判りやすく説明すると次のようになります。 樹木とは、・・・続きを読む・・・

植木・庭木の移植について・・

「植木の移植ってどの時期がいいの?」と言う質問が多いので、植木屋として答えてます。庭木流通センターに来ていただくお客様の質問でのトップは、移植の時期についてです。 例えば夏にご来店のお客様は「木がほしいんだけど、春じゃないと移植できないんですよね・・」と、このパターンが一番多いのです。 私「春から秋まで・・・続きを読む・・・

植木にちゃんと水をあげてますか?・・・希望です

今年の夏は、高温と異常な雨不足です。なので、水やりについて語ってます。まずはこれ「木には水なんかいらない、山の木に水なんかやってるか、やらないのに枯れてないだろう」。一般の方が言っているなら「へー」ですますのですが、植木の業界人や某カリスマなんだかフラワーデザイナーみたいな人が、大手を振って、それも講習会で・・・続きを読む・・・

造園工事 | 植木販売 | エクステリア | ガーデニング | 造形製作

 福住造園株式会社 札幌市豊平区福住1条6丁目10-12 Tel 011(851)0233

 植木販売店舗 庭木流通センター 北広島市大曲622番地 Tel 011(377)2501

 Copyright©fukuzumizouen inc. All Rights Reserved

偉そうに「気勢」なんて、語っていいのだろうか。
まず「気勢」をどうしたいのだろう。気勢を見たいのか、気勢を読みたいのか、気勢を計りたいのか、なんとも表現しづらい。それは、目に映らず見えないものである。であれば、気勢を・・・続きを読む・・・

できれば、ご自分で木を植えて頂きたいです。
「木を植えるのは、商売人に頼まなきゃ」、「素人が木を植えても大丈夫?」
と考えている方が以外と多いですね。 でも、そんなに難しい事では・・・続きを読む・・・

木が枯れる、それって根腐れじゃないの?。植木の「根腐れ」は、札幌近郊でも地域によって大きな差があるんですね。
植物を扱う造園屋にとって「根腐れ」と言う言葉はよく使われます。お客様からも「木が枯れてきている、根腐れかしら」と言われ、・・・続きを読む・・・

昨今のお庭の現状はどうでしょう。当社で植木を植えにいくお宅で「根腐れの心配が無い」と言えるのは3割位のお宅でしょうか。そして、5割のお宅は「根腐れ予定地」で、2割のお宅が「根腐れ地帯」である。この7割のお宅を・・・続きを読む・・・

昨今の庭事情。「庭って、普通は土がありますよねー」と言う私の常識が間違っているんでしょうか?。庭木流通センターでは、お持ち帰り出来ないような大きな木を買って頂いたお客様には、・・・続きを読む・・・

植木も生き物ですから、植木と会話する時に最低限知っていてほしいなと思いまして。「生理学」と言っても、学者じゃないので、ごく簡単にです。これから始めるお話は、全て、草ではなく樹木に・・・続きを読む・・・

「植木の移植ってどの時期がいいの?」と言う質問が多いので、植木屋として答えてます。庭木流通センターに来ていただくお客様の質問でのトップは、移植の時期について・・・続きを読む・・・

今年の夏は、高温と異常な雨不足です。なので、水やりについて語ってます。まずはこれ「木には水なんかいらない、山の木に水なんかやってるか、やらないのに枯れてないだろう」。一般の方・・・続きを読む・・・