HOME造園工事池や流れの作り方

池や流れの作り方(防水方法に付いて)

庭に水を流したい、池を作りたい。絶対必要なのは防水工事です。その防水工法には色んな方法があります。モルタル防水、ウレタン防水、コンクリート浸透防水、FRP防水、シート防水などです。 簡易なのはシート防水ですね、既製の防水用シートはネットなどで手に入ります。注意点は継ぎ目を作らないこと、紫外線劣化を防ぐこと。シート防水を使用した施工例は、「小さなビオガーデン」をご覧下さい。
ここでは、FRP防水とモルタル防水の施工例を紹介します。但し、「ココどうなってんの」みたいな大事な部分には触れていません。


モルタル防水工法(既存池の改修)

改修前の池です。水が漏れているらしいです。これから水漏れを直します。すごく複雑な形をしています。何トンもある石が組まれています。かなり古い池なので防水と言うより「石をコンクリートで固めました」見たいな感じです。 

改修前の池
改修前の池

コンクリートにヒビや陥没。そして石にもヒビが、これは苦戦しそうです。とにかく全面的に防水改修します。

改修前の滝
改修前の池、石組み

滝の部分は石同士を固定するためSUSアンカーで補強します。そしてアンカーをSUS棒で溶接して繋げます。それからモルタルで固定します。

石同士の連結
石同士の連結、SUSアンカー

池底はヒビが多いので、新しい防水層は既存の池底と完全に分離して作ります。壁部分も防水します。なるべく石肌を見せたいのですが、石の割れやヒビや穴はなんとかしないとマズイので、やむなく防水しています。

池底のモルタル
モルタル防水

漏水試験のため、滝に水を流して見ます。しかし、漏水の判別は出来ませんね、よほどの量が漏れていないと判りませんから、まあ気休めです。

滝の流れ
滝の流れ試験

改修工事、たぶんバッチリです。


FRP防水工法 その1

施工前のようすです。この法面(崖)を利用して水を流したら、いい感じでしょうね。やってみます。

FRP防水の施工前
FRP防水の施工前の崖

崖を少し削ってコンクリートの壁を作りました。水が落ちて池になる部分も掘り下げました。GRC工法で廻りに躯体(池の壁)を作ってます。既存の石や植物は、なるべく残しています。この段階ではグチャグチャです。

崖のコンクリート施工
池のGRC躯体

全体の形が見えてきました。白く見えるのはFRPではありません。秘密の理由で白くしています。黄色く見える所、これがFRP防水部分です。その上のグレーな所はFRP防水を保護する目的でトップコートと言います。

池廻りのGRC躯体完成
FRP防水及びトップコート

FRP防水を終えてトップコートも終わりました。この時点で、この変な形のグレーなバスタブが出来た事になります。後はグレーを隠すように石を積んで、また積んで。

FRP防水完成
池の石積み

積んだ石から水が湧き出てくる感じになりました。壁泉っぽい感じ。橋も作りました。橋の下はポンプ室です。写真では水の動きが判りませんね。動画をどうぞ。

滝の水の試験
滝に水が流れるようす

あー・流れてる。


FRP防水工法 その2

広い庭です。もう一軒家が建ちます。奥の方、半分位にビオガーデン風の水の流れを作ります。

施工前のようす
施工前のようす

流れなので起伏を作ります。その為に廻りにコンクリートで土留めを作ります。それっぽくするため軟石積みもしています。

コンクリートの土留め
コンクリートの土留めと軟石積み

流れなので、高い所から低い所へ溝を掘ります。掘った溝をGRC工法で固めます。

流れの溝掘り
流れのGRC躯体

GRCで固めたらFRP防水の下地を作ります。白いのは下地です。黄色いのがFRP防水です。綺麗に仕上げるとウォータースライダーになります。

FRP防水の下地完成
FRP防水の完成

石組みが終わりました。植栽の前に水を流してみます。水漏れの判定ですが全く判りません。が、漏れない自信は有ります。

流れの石組み完成
流れの試験

植栽して完成です。後は施主が苔を張ったり、雑木の苗を植えたり、山野草を植えたりして楽しんで頂ければ年数が経つ程、いい感じの庭になります。

流れの完成
流れの完成と植栽