HOME造園工事モダン和風の施工例

モダン和風の施工例

落ちつく空間を造ろうと、あれやこれや模索していると、どうもモダン和風の庭に行き着いてしまいます。但し、施主の理解が無ければ作れません。施工例をどうぞ。「モダン和風」ってどんな庭? 最近よく耳にする言葉ですが、決まった形がある訳ではありません。 和風と言っても使用している樹木は、アオハダやトネリコ・シャラの木などの雑木が主体です。床や仕切の造作は自然素材が落ち着きます。根締めの植栽も、色、質感、高低が微妙に絡みます。


苔庭と住宅の一体感。中庭の苔を歩く感じ。

苔庭の縁台
苔と雑木
苔庭の園路
苔の庭全体
苔と根締め
苔の中の雑木

中庭に造った苔の庭。中庭ですから住宅との一体感を出したかった訳です。ん、一体感出ましたね。窓からは庭を観賞し、庭に出ると苔の中を歩く感じ。幹の細めの雑木を植えています。この庭に太い木は似合いませんね。苔に映る葉の木陰だけが必要だったのと、細い幹越しに庭を見渡せる感じにしたっかた訳です。



苔庭の良さを伝えたい。観賞の庭。

苔庭の軟石敷き
苔庭の洗い出し
苔庭の起伏
苔庭
苔庭の全景
靴脱ぎ石

苔が庭を明るくします。苔の柔らかい線と雑木の曲り、これが何とも相性が良い。造作の洗い出しが庭を締めています。墨入りの洗い出しは濡れると落ち着いた黒になります。石山軟石を広めに敷いて、苔の起伏と馴染ませています。



広い木道と軟石と苔の緑、なぜか落ち着く。

苔を使ったモダン和風
広めの園路と雑木
モダン和風の園路
モダン和風の路地庭

広い木道がいい感じにくねっています。建物の直線を造作物の曲線がいい感じに中和しています。雑木の足下に苔を植え付けて樹木の落ち着きを見せています。日本庭園とは異なる「和の空間」を作りました。



路地庭から前庭へ、木立と園路と苔。簡素だから落ち着く。

園路に変化を付けてたモダン和風
モダン和風の園路
路地のあるモダン和風
園路と木立

路地の庭を歩く、前庭は簡素な素材の組合わせ。建物を奥に見せる技法。足下を簡素にさせ苔の起伏で奥を見せる、これも遠近法。庭は簡素なほど落ち着いて見える。



雑木を使った苔庭に園路を配置

雑木の庭
苔と石畳
雑木に囲まれたモダン和風
庭への入り口

苔張りと雑木と木道と石畳と軟石敷きの組合せです。雑木に囲まれ、木漏れ日の中で園路を散策、そんなイメージで作庭しました。雑木の幹越しに庭を眺める感じです。板塀も高めに作りましたので、庭に入ると落ちつく空間になりました。苔張りはカモジゴケと杉苔とハイゴケの混植とすることで、環境に合った苔を繁茂させて、自然と庭になじむようにしています。数年後には自分の森ができるでしょう。



台杉と苔と飛び石が、いいですねー。

軟石の園路
飛石と苔張り
苔の起伏と景石
モダン和風全景

苔張りの庭です。日当たりの良い庭なので苔の種類は砂苔(スナゴケ)を使いました。苔の中の植込みは台杉とツリバナとマルバノキです。特に台杉は庭に風情を与える為の重要な木です。延段は石山軟石敷きとし、目地を広めに取り苔を埋め込んでいます。飛び石も軟石の割り肌を使っています。苔庭の良さは、なんとも説明しづらいのです。雨上がりの苔庭は理屈抜きに、なんとも癒やされます。



狭い空間も根締めの宿根草で落ち着きます。

グランドカバーと軟石
根締めのようす

僅かな庭空間に軟石を敷き縁に自然な線を付けることで床の広さを広く見せる効果があります。土を覆い隠す様に宿根草を植え付けることで完成された庭になります。デッキや建物の裾を植物で遮ると庭と無機質な構造物が一体となり、構造物が庭に溶け込みます。溶け込めば、庭は落ち着いて見えるわけです。



雑木と軟石積みの庭

デッキの有るモダン和風
雑木の庭
軟石積み
レンガ積みと園路
軟石積み
雑木と板塀

園路とデッキ脇の石積みは石山軟石です。軟石は加工の仕方でいろんな表情を見せてくれます。樹木は雑木が主体です。株立の幹や曲がった幹が庭を柔らかい感じにしてくれます。土面を全てマルチングで覆っています。これは土を見せないことで庭全体を落ち着いた感じに見せる大事なポイントです。



和風の庭は、なんとも癒やされる。

苔を使ったモダン和風
苔を使ったモダン和風
サツキのグランドカバー
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭
和の庭